40代男性のダイエットは食事の回数を減らすのがおすすめ、やっぱり1日1食です。

40代の男性がダイエットするなら、食事の回数を減らす1日1食が最適!?

40代の男性です。減量したいのですがどの方法がよいのか迷っています。食事の量を減らして減量した方の体験談が知りたいです。

こんにちは、腹減りマスター(@haraheri_master)です。そういうご質問にお答えします。

1日の食事を1回だけにする1日1食ダイエットを実践して3年が経過。開始当初から10kg減を維持しています。

このページでは、色々なダイエット方法がある中で、40代の男性ならば断然1日1食ががおススメという話をまとめてみました。

ご覧になれば、40代の男性である私の体験談や1日1食が取り組みやすい理由などがお判りいただけるかと思いますよ。

※本題に入る前に、1日1食を開始してから2年間の体重の推移は1日1食の効果まとめ、体重の変化を時系列で振り返ってみました。のページに詳しくまとめてあります。

1日1食にすれば自然に摂取カロリーが減らせます。

ダイエットに直結するのが摂取カロリーを減らすこととよくいわれます。

ただ、3食しっかり食べるとして、1回ごとの食事で摂取カロリーを減らすのはとても難しいです。

というのも、食事内容に気を付ける必要があるからです。食事の度にカロリーの少ないものを選ばなければなりません。

カツ丼を食べたいけれど親子丼で我慢しよう。
カツカレーを食べいけれどカレーで我慢しよう。

こういったことが食事の度に続きます。

食べることが大好きな私には無理です。食べる内容の制限は非常にきついです。

であれば、いっそのこと食事の回数を減らして、食べる時はしっかり好きなものを食べる。

これができるのが1日1食です。

1日1食にすれば、1食をどんな内容で食べたとしても、3食食べていた頃に比べて摂取カロリーは間違いなく減らせます。

1回が極端な高カロリーなものでなければ、1日の摂取カロリーは減らせます。

極端な高カロリーの食事を摂っている方は、そもそも2食分も同じ内容になることが多いです。

そう考えると、やはり食事の回数を減らすことが摂取カロリーを減らす一番の近道と言えます。

40代は身体を動かすのが億劫、過度な運動をしなくてもダイエットできます。

1日1食にすることで、これまで3食、もしくは2食をしっかり食べていた方なら、運動せずとも体重は落とせます。

健康的なダイエットの代表格といえば、バランスの良い食事と適度に運動することの組み合わせ。

おそらく様々なダイエット方法の中で、最も健康的なダイエットであることは疑いようがありません。

ただし、ダイエットを成功させるために求められるのは、何といっても継続性です。

運動と食事制限をすることで、短期間に減量に成功したとします。

例えば、3ヵ月で5kgほど体重が減ったとします。たしかに、これはこれで非常に大きな成果といえ、素晴らしいことです。

ところが、問題はそのあと。1年後に5kg減を維持できているかどうか。3年後も5kg減やそれ以上に減量できているかどうかです。

これが実に難しい。私の周りの人間でも短期間のダイエットに成功した人は結構います。

ところが、そのほとんどがリバウンドしており、元の体重に戻ったり、中には元の体重を軽くオーバーしてしまっている人さえいます。

そういう人たちに共通しているのは、途中で運動を止めてしまうこと。ウォーキングにしても、ランニングにしても、やはり挫折する方が多い。

実は私も運動でダイエットしたこともありますが、やはり同じ。ほんの数ヶ月で挫折。継続は本当に難しい。

というのも、私自身がそうであるように、人間40代になれば、普段から運動らしい運動をしていないと体力も落ちてきます。

すると、身体を動かすこと自体が面倒、運動から自分を遠ざけたいという想いにかられます。

もちろん、中には意志が強く、ダイエットをきっかけにフルマラソンに挑戦してみたという方もいらっしゃるでしょうが、凡人である私には到底無理。

運動するくらいならば、食べる量を減らすことの方がとっつきやすい。しかも、断然続けられる。

それがダイエットとして1日1食生活をおすすめする1つ目の理由です。

40代は忙しい、ダイエットのために時間を使う必要がありません。

食事の回数を減らすだけなので、運動する時間やジムに行く時間、ダイエット用の料理を作る時間、すべて必要ありません。

それどころか、使える時間が生まれます。

私に限った話ではないと思いますが、40代になると自分が自由に使える時間が本当に限られます。

仕事は容赦なく降りかかり、家事の手伝い、子どもとの対話なども削りたくない。趣味である料理する時間もしっかり確保したい。

となると、ダイエットのためにわざわざ時間を割きたくないというのが本音。日常生活の流れの中でダイエットできるというのが理想。

いくらダイエットしたいといっても、ウォーキングやランニング、筋トレ、ヨガなど、時間を使わなければなし得ないものは自然と除外されることになります。

その点、私が実践しているダイエット方法の1日1食は、食事の回数を1日1回にすることなので、新たに時間を作る必要がありません。

それどころか、2回の食事の分の時間が丸々浮くことなり、その時間を仕事や読書、休息に当てることさえできるようになります。

これが、ダイエットとして1日1食生活をおすすめする2つ目の理由です。

40代はわがまま、ダイエットのための我慢が必要ありません。

大前提で、お腹が空いているだけは我慢が必要になりますが、それ以外の我慢は必要ありません。

食事の面でのダイエットする方法には、1回の食事の量を減らしたり、食事内容を制限する方法もあります。腹八分目、炭水化物抜き、糖質制限などがこれに当たります。

ところが、私は元々食べることが大好き。そもそもダイエットが必要になった原因は、明らかに食べ過ぎ。それを自覚しているほど、食べることが大好きです。

そんな食べることが大好きな私ですから、食べる時には、量も内容も制限なく、満足するまで目いっぱい食べたいところ。腹八分で食事をストップなんていうことはできません。

ダイエットしたい、けれど、食べ物を制限するのは嫌だ。そこで行き着いたところが、1日を1食にするという方法です。

1日のうち、朝と昼は食事をとらず、食べるのは夕食だけ。ただし、夕食は揚げ物もご飯のおかわりも、アルコールもOK。

えっ!と思われがちですが、夕食を目いっぱい食べても、3食食べていた頃に比べても、摂取カロリーは激減。スムーズにダイエットができたというわけです。

これが、ダイエットとして1日1食生活をおすすめする3つ目の理由です。

1日1食生活のおすすめ理由、まとめ。

以上、40代男性がダイエットするなら、1日1食にすることがおススメということで長々書いてきました。

今回、40代の男性向けとしのは、自分が40代の男性だからであって実際に経験してきたから。

他意はありません。

今回の内容になるほどと思っていただけたなら、年齢性別問わず一度挑戦してみるのもよいかもしれません。

ただし、身体のことです。健康に直接かかわる問題です。

ご自身の体調と相談しながら無理のないように実践することは、くれぐれもお忘れなくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です