1日1食生活は食費の節約もできるダイエット、2食分の食費が丸々節約できます。

「とりあえずコンビニ行くか」が無くなって、お金が残るようになった話。

こんにちは、腹減りマスターです。

ダイエットのために1日1食生活を継続中。食事は原則として夜だけ、朝と昼は食べません。

元々体重を落とすことが目的だったものの、意外にも節約効果の大きさに驚きを感じています。

毎日の昼食代が不要になるので、当然といえば当然ですが、今回はそのお話です。興味ある方は、ぜひお読みください。

1日1食にすることで食事の回数が減り、その分の食費が丸々節約できます。

1日1食生活を始めてしばらく経った頃、ふと気づいたことがあります。

それは、財布の中のお金がなかなか減らなくなったこと。

それまでは毎日当たり前のように、昼食を摂るためにお店に入ったり、コンビニに行っていました。

ところが、昼食を摂らなくなったことで、昼食代としてお金を使う必要がなくなったわけです。

「とりあえずコンビニ行って、何か買おう」ということが一切無くなりました。

昼食代、場合によっては出勤途中の朝のコンビニで使うお金を丸々使わなくて済むようになりました。

節約効果は、毎日の昼食代が500円ならば年間で18万円。

昼食を抜くことが節約になるわけですが、実際にいくら位を節約できると思いますか?

具体的にいえば、毎日昼食代に500円を使っている方であれば、一か月で約15,000円が節約できます。

年間にすれば、なんと18万円。

毎日1,000円使っている方であれば、30,000円程を節約できる計算になります。

こちらは年間にすると、36万円。

日々500円や1,000円という金額は、実際にそれほど罪悪感なく使える金額です。

ところが、計算してみると分かるように、一か月分、一年分となると、結構な金額になります。

昼食を抜くことで、ダイエットもできて節約にもなる。1日1食生活の大きなメリットといえます。

ジムに通ったりするなど、多くのダイエット方法が費用が掛かることを考えると、一石二鳥とはこのことといえるのではないでしょうか。

節約した分でワンコイン貯金、旅行に行こうが目標。

とはいえ、単にダイエットしながら節約、だけではあんまり面白くないというのが私自身の率直な思いです。

そこで私が実践しているのは、ワンコイン貯金。目的は、近い将来のための家族旅行の資金用として。

具体的な旅行先などは、決めていませんし、そもそもワインコイン貯金自体も妻には内緒。

どうなるかは分かりませんが、これはこれで楽しみの一つにもなっています。

1日1食ダイエットは節約にもなる、まとめ。

ダイエット方法としての1日1食生活ですが、二次的効果として昼食代などを節約できるお話しをしてきました。

ダイエットのために、ジムに通ったり、トレーニング機器やサプリメントを購入する費用が掛かるどころか、勝手に節約できてしまうのが、1日1食ダイエット。

節約したお金で、趣味を楽しむのもよし、投資に回すのもし、使い方を考えるだけでも、皆さんワクワクしませんか。

そういう意味でも、1日1食生活、おすすめのダイエット方法といえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です